人気ブログランキング | 話題のタグを見る

終戦の日

昨日、101歳の方がパソコンを駆使して戦争体験記を書いている

ということをニュースで知りました。


ビルマで彼の所属部隊は全滅したが、この方は幸か不幸か

行軍中に崖から40m下に転落し大怪我をして

攻撃を受けることなく奇跡的に助かったという。


77年後の今日、こうした方々のご苦労の上に

我々は楽な生活させていただいていることを忘れたくない。


ウクライナ戦で使うロシアの「Z」のマークは

77年の「7」と「逆さ7」をくっつけたものだという。

そのロシアでは日本の過ちの教訓が生かされていない。

まったく情けないことだ。

歴史を学ぶ意義はそういう教訓を学ぶということであるのはずなのだが。


# by cut-grass93 | 2022-08-15 11:26 | Comments(2)

先日のこと、久しぶりに高倉健さんの最後の映画「あなたへ」を見た。

共演された名優の大滝秀治さんにとっても、奇しくも最後の作品となった。


高倉さん演じる主人公は奥さんの遺言に従って、郷里の海に散骨をした。

散骨を終えて無言で港へ帰る大滝さんの船が

大きい夕日の前を静かに通り過ぎていく。

素晴らしい演出でした。

水彩画 あなたへ(高倉健)_b0418622_09223877.jpg
                      映画から転用

水彩画 あなたへ(高倉健)_b0418622_09155747.jpg

ここのエキサイトブログのハマノアキさんが

いつも愛媛の朝日や夕日を撮っておられるので、

これも参考にして描かせていただいた。

水彩画 あなたへ(高倉健)_b0418622_09223113.jpg
                   ハマノアキさんのブログから転用

いつも海に浮かぶ太陽を撮る「こだわりのカメラマン」です。

私はこういうこだわりのカメラマンが気に入っている。


写真の場合、太陽にシャッターを合わせると

背景の夕空は真黒に写ってしまう。

しかし夕空に合わせると太陽は白く飛んでしまう。

絞りとシャッターの調整には好みの問題もあり、難しい選択を迫られる。


映画では太陽と空、船、海面、それぞれが溶け合って

明確な境界線がない独特のボケ味を出しているが、絵では難しい。


以前あるカメラマンに失礼ながら尋ねたことがあった。

「他人の撮った写真を見て朝日か夕日か判別できるものなのですか?

「なかなか難しい」との答えでしたが

ハマノアキさんなら判別できるのかも。


# by cut-grass93 | 2022-08-12 09:18 | 水彩画 | Comments(12)

スペインとアフリカが接するジブラルタル海峡。その海峡に近い村だ。

水彩画 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ(スペイン)_b0418622_10175229.jpg
                           地図はウイキから転用

ヨーロッパは侵略から街を守ってきた歴史だ。

だからここは地理的に見ても、きっと大変な歴史をたどってきた場所なのだろうな。

こういう場所を見ると日本には平和ボケの風土が出来た理由がよく理解できる。


スペインには白い街が多い。

一般住民は自ら家の外壁に消石灰を定期的に塗り込んでいる。

水彩画 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ(スペイン)_b0418622_16185124.jpg

絵の突き当りに描き込んだが、この壁一面に鉢植えの花を飾るのが

流行っているようだ。 手入れではハシゴでも掛けるのか??

水彩画 アルコス・デ・ラ・フロンテーラ(スペイン)_b0418622_10183049.jpg
                    この町に多い壁かけ鉢植え 写真はネット転用

何故白く塗るかについては諸説あるようだ。

見た目、消毒、清潔とかいろいろ言われている。

ペストとかコレラの消毒には安い石灰のアルカリが効果的だった

という説に私は一票。

なにしろ臭い生ごみに石灰をパラパラと蒔くとサッと腐敗臭が消える。

トイレの無かった時代のヨーロッパの知恵なのではないか。


描いているうちに「魔がさして」窓や出入り口を

濃い黒で描いてしまい後悔している。

しかし、もう暑くて描き直す気力がない。


時々「魔がさして」こんなヘマをしてしまう。

これも貴重な教訓だ。


# by cut-grass93 | 2022-08-09 10:25 | 水彩画 | Comments(8)

証城寺の庭

「♪ みな出て来い来い来い」


近くに雑木林があって、父からの言い伝えでは

「昔からタヌキが住んでいる」

ホンマかいな、と思っていたが。。。。

防犯カメラという新兵器が出来たおかげでよくわかる。


毎晩、玄関先にタヌキがやってくるのだ。

それが防犯カメラにしっかり記録されている。

証城寺の庭_b0418622_19185324.jpg

ウチの庭は証城寺の庭とちゃうでぇー――

以前、ノラ猫にやったゴハンの残りを片付け忘れたことがあったが、

恐らくそれをタヌキが見つけたのがきっかけで

以後、毎晩オコボレ探しに来るのだと思う。


最近では毎朝、防犯カメラ見て昨晩のタヌキの様子を見るのが

楽しみになってしまった。

一度だけ3匹でやってきたことがあったが、1匹だけの日が多い。

最近はこの家族総出の3匹は見たことがない。

死んだのかと心配してしまう。


防犯カメラがタヌキ観察カメラになってしまった。


# by cut-grass93 | 2022-08-07 19:21 | Comments(14)

尾形光琳と言えば風神雷神、紅梅白梅図屏風、カキツバタ屏風の三部作でしょう。

水彩画 尾形光琳 in ベニス_b0418622_11113538.jpg
水彩画 尾形光琳 in ベニス_b0418622_11114473.jpg

暑い中、頭も湯のように湧き上がってきましたので

ベニスを尾形光琳風のパロディー画に描いてみました。

水彩画 尾形光琳 in ベニス_b0418622_14271755.jpg

ゴンドラは和船の船頭さん、紅梅を右に配置し、カキツバタを左隅に。



絵を始めたころに遊び半分で光琳の三部作を一枚に収めた絵を描いてみましたが、

大変人気が出て、おだてに乗って絵を続けたという経緯がありました。

おかげで、つい調子乗ってパロディーを描いてしまう悪い癖がついてしまいました。

あの頃が懐かしい。


# by cut-grass93 | 2022-08-03 11:12 | Comments(12)